全業界から注目のおしぼりレンタルやレジスター

手数料の低減

書類を書く

クレジットカード決済における事業者側の負担

クレジットカード決済を行うのは消費者にとってとても便利なものです。プリペイドカードのように前払いをする必要なくキャッシュレスで買い物を行うことが可能であり、オンラインショッピング等でもカード情報を入力するだけで取引ができるからです。 しかし、これはシステム上、クレジットカード会社が一時的に支払いを立て替えているという面があるため、クレジットカード決済の際には事業者側に手数料がかかるのが一般的です。業者によって多少の違いこそあれ、2%から7%程度の手数料がかかるため、特に利益幅の少ない商品を販売する際には赤字になるリスクを抱えなければなりません。しかし、その手数料も徐々に低減されてくる傾向が生まれてきています。

決済手数料の低減への傾向

クレジットカードの手数料として事業者側から徴収できる収入はクレジットカード会社が成立するために必須のものです。しかし、キャッシングやカードローンなどのサービスの展開や、リボ払い、回数払いの利用手数料の獲得を促す宣伝などを行ってきたことにより、クレジットカード会社の収入としてこういったサービスによるものが大きくなってきています。 そういった流れもあって全体的に決済に関わる手数料が低下する傾向が生まれてきています。それによって加盟店を増やし、より多くの人にリボ払いや分割払いを利用してもらえるようになることがかえって収入につながる場合があるからです。そのため、今後もこういった手数料がかかるサービスの展開が進むとともに、決済手数料の低減への試みがなされていくでしょう。